Nature Trip Series(ネイチャートリップシリーズ)は、アクセサリーブランドcocorotsuがお届けする、世界のおもしろいイキモノたちをモチーフにしたプチ図鑑付きのアクセサリーシリーズです。色鉛筆で描いたイラストを樹脂で一つ一つ丁寧にコーティングしています。

詳しくはコチラをご覧ください。


【About Nature Trip Series】

The motifs is unique creatures in the worlds.

Using colored pencils gives lovable look of living creatures and each illustration is coated with resin.All have petit pictorial books.Each piece is handcrafted by the owner of Cocorotsu, Rena Takahashi.   ⇒more info★

【cocorotsu(ココロツ)とは】

『ココロを包むハッピーアクセサリー』をコンセプトに『☆みなさまの人生がよりワクワク、ハッピーになりますように☆』

という思いをを込めて、日常がちょっと楽しくなるアクセサリーを企画・制作・販売しています。

 

【About cocorotsu】

Cocorotsu brings you Joyful and pleasurable daily life through "Fascinating accessories” in the motif of living creatures

around the world. The concept is “Wrap your heart with full of happiness of life” with my strong passion

“Your life to be brighter, more colorful and even more vitalized”.

Cocorotsu designs, creates and sales all handmade accessories piece by piece.

cocorotsu(ココロツ)の名前由来

cocorotsu(ココロツ)という名前には3つの意味が込められています。

cocoro tsutsumu   (ココロつつむ) 

cocoro tsutawaru  (ココロつたわる)

cocoro tsunagaru  (ココロつながる)

 

『☆みなさまの人生がよりワクワク、ハッピーになりますように☆』という思い=ココロをつつみ、

そして、そのココロがお客様につたわり、さらに周囲の方々にもつながり、ワクワク楽しい毎日を

すごしていただけるそんな、ココロをツツムアクセサリーが作りたいと思い、

cocorotsu(ココロツ)と名付けました。

 


 

 

【cocorotsu店主 タカハシレナ プロフィール】

東京都生まれ

東京農業大学農学部林学科卒業

大学の研究課題は『タイ国マングローブ林における着生シダ植物の生態』地下足袋はいて

高枝ばさみを持って、タイに調査しに行き、たくさんのイキモノ達にであう、貴重な経験をする。

 

その2年後、モノを作る仕事をしたいと思い立ち、半年間イラストを描きため就職活動。

そして、幼稚園保育園向けの教材会社に奇跡的に就職し、おままごと用品や入園用品、

防災用品などの商品企画を行う。

 

2011年春、目黒区美術館で開催されていた、『包むー日本の伝統パッケージ』展を訪れ、

『「心をつつむ」何かをつくりたい!また、大量生産ではない、心のこもった物をつくりたい!』

と思い始め、そして2012年夏、粘土のワークショップに参加したことで、

物を作る事×周りの人々がHappyになることがしたいと思い、考えた末、みんながHappyになる

ワクワク楽しい、アクセサリーをつくろうと思い立ちcocorotsu(ココロツ)が誕生。

 

2013年12月cocorotsuの初個展。世界のオモシロいきものをモチーフにした、

Nature Trip Series(ネイチャートリップシリーズ)を発表。

地球を旅しながら、リアルな体験や新しい発見や出会いを通し、みなさまの人生がよりワクワク

楽しいなるようなアクセサリー作りをしていきたいと考えている。

 

【Biography of Cocorotsu’s owner, Rena Takahashi】

I was born in Tokyo.

Graduate from Tokyo University of Agriculture.

My research subject in my university lab was" Biology of epiphytic fern in mangrove forests across Thailand”.

Usually typical Japanese university girls care about their appearance and dress up smartly, but in contrast to them,

I wore Japanese tabi socks and brought high branch pruning scissors for my research in Thailand.

Through this research, I was connected to various local living creatures I’ve never seen before.

This precious experience grabbed my heart and lasted as an unforgettable memory.


In 2004, my mind was made up to engage in creating job and I had just kept drawing illustrations for 6 months

and then started my job hunting.

I got my position at an educational materials company for kindergartens and nurseries.

I was assigned to a product planning department dealing with play house goods, entering kindergarten goods and emergency supplies for kids.


In the spring of 2011, a life-changing experience has occurred to me. Visiting an exhibition, [TSUTSUMU-Traditional Japanese Packaging] in Meguro made a big impact on me. *TSUTSUMU in Japanese means Wrapping and packaging

I felt sudden surge of my desire to create something to “Wrap [other’s/our] heart”, not mass production things, but hearty and thoughtful objects piece by piece!


First thing I stepped into action was attending a clay workshop in the summer of 2012, which gave me inspiration

that I should engage something creating and making others feel happy and joyful.

It took me a while before I found my answer that I should be the one to create accessories which make others/people realize happiness and joy within themselves.


In 2013, my brand “Cocorotsu” was born for everyone who wants to feel truly happy through your whole life!

In December of the year, “Nature Trip Series” which has a motif of unique creatures in the worlds was introduced.

My passion is affecting your lives to be more  exciting by wearing Cocorotsu accessories,

carry all my impressed experiences and new findings through my traveling on the earth.

【cocorotsuがスタートした経緯】

2011年、目黒区美術館で開催されていた、『包むー日本の伝統パッケージ』展を訪れたのが

cocorotsu(ココロツ)をはじめる最初のきっかけとなりました。

その展示は、グラフィックデザイナーの岡秀行さん(1905-1995)が日本各地から収集した

「日本の伝統パッケージ」の数々を紹介したもので、米俵・鮨桶・酒瓶など日本の風土にはぐ

くまれた自然の素材を使用した、昔ながらの手技による食品やお菓子等の包装や容器が数多く

展示されていました。

 

その日本の伝統パッケージは、私たちがスーパーで見かけるパッケージとは全く異なり、日本

人の生活の知恵が詰め込まれ、職人技の光る機能的なデザインで、自然の素材を使った、余計

なものが削ぎ落とされたシンプルで美しい形をしていました。

まるで伝統工芸品の様な美しさです。

 

現代の、大量生産された、消費者にいかに店頭で手にとてもらえるかという広告物的なデザイン

ではないそのパッケージにとても驚き、感動しました。

また、見た目が美しいだけではなく、そのパッケージは『心がつつまれている』感じがしました。

心=作る人の心、包む人の心、贈る人の心、包む物への心。相手の事を思い、目に見えない

『心をつつむ』日本人の文化というものが、本当にすばらしく、私も『「心をつつむ」何かを

つくりたい!また、大量生産ではない、心のこもった物をつくりたい!』と強く感じcocorotsu

(ココロツ)が誕生するきっかけとなりました。

 

『「心をつつむ」何か』…とはどんな心をつつむ何なのか…?

と自問自答しつづけて1年半経った頃、『人生がよりワクワク、ハッピーになるアソビゴコロの

あるものが作りたい』という思いが沸き、cocorotsu(ココロツ)が誕生することとなりました。

cocorotsu(ココロツ)のアクセサリーで、楽しい毎日をすごしていただけましたら本当にうれ

しいです。

 

『包むー日本の伝統パッケージ』展詳細は下記からご覧ください。

目黒区美術館HP⇒http://mmat.jp/exhibition/archives/ex110210-2

株式会社 direction Q(ディレクション・キュー)⇒http://direction-q.com/project/94/

 

【How cocorotsu started?】

Visiting an exhibition, [TSUTSUMU-Traditional Japanese Packaging] in Meguro in spring of 2011 motivated me to launch cocorotsu. *TSUTSUMU in Japanese means Wrapping and packaging.

Packaging was corected by Hideyuki Oka(1905-1995), a graphic designer,

Packaging and containers for foods, sweets and so on.

Utilizing natural materials developed by each regional culture with old-fashioned techniques were displayed.


The displayed Japanese traditional packaging were completely different from what we see at supermarkets nowadays.and had full of wisdom from Japanese life styles with artisanal and functional design.

The shape were simple and beautiful without any extra and made of only natural material.

The beautiful figure conjured up an image of traditional crafts to me.


I was shocked and moved by the time-tasted packaging which was completely different from today's mass produced ones with advertising design, just focusing on stimulating consumption behavior to us.

Also I felt “beauty” not only from the appearance, but also "Someone's heart” wrapped in the packaging.

“The hearts” come from someone who created, wrapped, sent and also the one toward objects.?

Japanese culture, thinking and caring about others and wrapping intangible souls and minds,

is just great to me and my mind followed the inspiration that I should create something wrapping our hearts and putting my soul, and not mass producing.This vibration motivated me to start cocorotsu.


I have kept asking myself  for about a year and half what is “Something” to wrap up our hearts and “what kind of hearts” I want to wrap?Finally it emerged  to me that I am willing to create accessories to make our lives more exciting and happier with a playful imagination.


My mind was made up to start Cocorotsu.

I am hoping Cocorotsu to be a spice for your life.



You can see the detail of the exhibition, [TSUTSUMU-Traditional Japanese Packaging] 

by clicking the following link.

Meguro museum official website⇒http://mmat.jp/exhibition/archives/ex110210-2

クリックでFBに移動します
クリックでFBに移動します